総量規制外、小口融資、スピード融資を満たす借入方法とは

支出予定額に対して、資金が不足している場合には融資を受けられると便利です。
融資を受ける際の借入方法には、様々なタイプのものが存在します。
ご利用になる前に、予備知識をインプットしておけば、円滑に借入を行うことができます。

必要としている借入金が少額の場合には、無担保による借入が可能な
タイプを選択されると良いです。

消費者金融などの無担保ローンは使途自由

無担保による借入は、借入金の使い道を予め決定しておく必要が無いため、
有効利用しやすいです。なので先にあえて言うと消費者金融で一ヶ月に掛かる利子は無担保で
借入の敷居が低いからこそ注意をしておかなければなりません。
無担保であるということは、もしも返済が滞ってしまい回収できなくなってしまっても、
それなりに利益を得られることを前提としているわけで、
その分利子が高く設定されているわけです。

一方で、たとえば車や住宅などの高額なローンを組む際には、
借入金の使い道を決めなくてはなりません。
そのかわりに、もしもの時には車や住宅が担保となるため、
比較的低金利での融資が可能なわけです。

無担保による借入は、小口融資であることが多いためより融通がききやすいのです。
無担保による借入はさらに、キャッシングサービスとカードローンサービスに分類されます。
キャッシングサービスを提供している業者は、主に消費者金融です。
一方、カードローンサービスを提供している業者は、銀行やクレジット会社などです。

スピード融資を希望する場合には、借入返済を迅速に行うことが可能な、
キャッシングサービスをご利用になることをオススメします。

総量規制について知っておく、銀行カードローンは総量規制外!

また、借入方法の選択に関与する要因として、総量規制が挙げられます。
総量規制は一般的に、カードローンサービスを優遇する規制と認識されています。
しかし、キャッシングサービスを提供している金融業者でも、
総量規制外の業者が存在することはあまり知られてはいません。
銀行カードローンの場合は、総量規制外となることを覚えておきましょう。
銀行カードローンは銀行法による業務なので、賃金業法の消費者金融に適用される
総量規制は規制対象外となります。